12/27/2008

出発

長距離の移動が好きだ。

バスや列車でひたすら走る。
時には10時間越えなんて事もある。

中東では、ひたすら砂漠が続いた。
その中に、ベドウィン族のテントが張ってあったり
オアシスや集落が見られたりする。

大都市間の移動でも、町並みを眺めながら、
郊外の、都市圏が終わる場所まで
知ることが出来る。

そんな中で景色を眺めながら、
物思いにふけり、眠くなったら寝る。

目的地に近づいてくると、テンションが上がる反面
もう終わってしまうのかという寂しさも感じる。

今日から、また長い移動が始まる。

アテネから列車で港町まで4時間。
その後、船でイタリアまで14時間半。
そして、到着日のうちに列車で18時間。
1泊してチュニジアまでのフェリーが12時間。
今までで一番の大移動。

今回ばかりは少し長すぎると思うが、
どんな景色が見られるか楽しみだ。

解禁

カイロ滞在時、日本人宿にてHUNTER×HUNTERを発見。
実はこれ、10年程読むのを我慢していた漫画だ。

長い人生、楽しみを取っておくという事をよくするのだけど、
これもその中の1つで、それを大げさとさせないくらい
冨樫義博の作品はクオリティーが高い。

旅行中に限らず、何時何処でも出来るような事に
時間を割くことは、もったいないと思う性分なのだが、
全巻揃っているという事で、ついつい手を出してしまった。

そして、一気に全巻制覇(完結はしていませんが)。

これ、今現在の少年誌に連載していいのか??
明らかに次元が違います。描写や表現も場違いです。

でも、こんな作家が少年ジャンプというメージャー少年誌で
未だに連載できているという事実、ほっとさせられます。

休載が多いみたいだけれど、大いに結構。
「読ませてやっているんだ。」くらいのノリで、
細く長く続けていただきたい次第です。

ちなみにコミックのコメント欄に、奇しくも
作者のエジプト旅行記が記載されていた。

後付けながら、これをここエジプトで読む必然性を
無理やり与えてくれた冨樫氏に感謝。

12/26/2008

錯覚

旅行中、度々自分がRPGの
主人公にでもなったかのような
錯覚を覚える。

城に行き、神殿に行き、
教会に行き、要塞に行き、
砂漠に行き、ピラミッドに行き………
時たま敵も出る。

頭の中で、ロマサガやヘラクレスの栄光の
サントラがずっとループしている。


目的は何もないですが。

12/25/2008

エーゲ海

クリスマスイブに1人エーゲ海クルーズ。

とはいってもギリシアの冬はオフシーズンで、
全体的な便数も急激に少なくなり、
船のデッキに出ることも出来ないので、
近場のエギナという島に行くことにした。



でかいフェリー



豪華客船さながら




そして1時間ほどで到着。
船を降りてみると…


良い感じ!

実はこの街ギリシアの独立戦争中、
一時的に首都であり、
古代ギリシア時代には
都市国家を形成していたらしい。

多少残っている遺跡以外
そんな面影はあまり無かったが、
小奇麗なメインストリート。
その裏に続く住宅が美しかった。
そしてエーゲ海は青かった。

船のスケジュールの関係で
ミコノスやサントリーニへは行けず
がっかりしていたが、
この島に来られた事でとても満足できた。




ということで、初の旅行記でした…

12/24/2008

アテネ


エジプトから来たから大のカルチャーショック。




文明です。清潔です。人々も穏やかです。
エジプトで痛めつけられた体が癒されました。





そしてクリスマス。


あと3泊程して、船でイタリアに向かいます~

12/14/2008

昇天

パスポートより大事なものを失った。

コンパクトフラッシュが飛んで
イスラエルとパレスチナ自治区の
全画像データ3GB300ファイル程……

データは復旧できる可能性もあるから
飛んだ16GBの大容量CFカードを
そのまま手をつけず残しておかないといけない。
撮影可能な容量が一気に少なくなってしまった。

損失する前に約1000枚分の
データを移しておいたのが
せめてもの救い。

データはこまめに焼かないと…

ちなみに今はエジプトです。

12/01/2008

エルサレム

この街の放つ凄まじいオーラと、
今後も改善される事はないであろう
複雑な事情を目の当たりにし、
圧倒されてしまった。

ここは決して軽い気持ちで来るべき場所ではないし、
ここについて語るには、いくら言葉を尽くしても足らない。

この場所の事は、いつか整理がついた時に書こうと思います。

11/28/2008

死海

これは面白い!想像以上です。
直立の体勢でも、首から上部分は沈まず、
歩く動作をすると前に進みます。

イスラエル側でも行ってしまうかも…

11/25/2008

出会い

季節やビザの問題等、色々理由はあると思うけれど、
シリアはトルコに比べ、日本人は愚か
旅行者自体あまり見掛ける事が無かった。

そんな中でも、大都市間の高速バスに乗ると
必ず1人2人は旅行者がいるもので、
そこでは同じ「外国人」同士、
国籍問わず妙な団結力が生まれる。

最初の街アレッポではロシア人達と宿に行き、
首都ダマスカスではオーストラリア人とタクシーをシェア。
ヨルダン国境ではブルガリア人と入国管理局を探し回った。

こういう思わぬ出会いも旅行の醍醐味だ。

11/24/2008

ヨルダンへ

シリアから国境を抜けヨルダンへ…

シリア人は皆親切でとても癒された。
某国寄りの報道で、日本では
物騒なイメージが強い地域だが、
実際はとても観光に適した場所だ。

現地で出会ったシリア人が、

「日本では、この国についての
一面しか報道していないだろうが、
もっとこの国について知ってもらえれば、
この国が、旅行者にとってどれだけ
良い場所であるかが解るはずだ。」

と言っていた。

メディアに流されず、確かな情報を
収集する事の大切さを改めて感じた。

11/19/2008

シリア入国

ってもう5日経っているんだけど…
こっちは物価に対してネットカフェの料金が高すぎるし、
環境も良くないので、情報を遮断してました。。
とはいってもここシリアはとても良いところです。

こういう環境にいると、
日本の尋常でない情報量の多さを
改めて感じる事ができます。
それだけでも良い経験ですね。

日記は小出し気味に行きたいと思います。

11/12/2008

カッパドキア

喉は完治こそしていないが、大分良くなってきたので
世界遺産のカッパドキアへ移動。
イスタンブールの宿で知り合った3人との珍道中。
広大な自然や遺跡をツアーで回る事が一般的なこの地で、
徒歩と自転車を駆使し、夕暮れ間近まで山で遭難、
逆ヒッチハイクで金をせびられ(もちろん払っていないです)
しまいには大型犬に追い掛け回される始末。
とても楽しい日々を過ごせた。

イスタンブールの事は全く書いていないけれど、
ムスリムの国でイスラム文化に魅了されてしまったので、
予定を大幅に変更し、中東を回ることにした。


ということで、間もなくシリアへ旅立とうと思います。
とりあえずトルコの話は置いておいて、
これからはタイムリーに更新していきます。

それと、画像アップのリクエストが多いですが、
全部RAWでしか撮っていないorz

画像は暫しお待ち下さい…

11/02/2008

声が…

イスタンブールに到着して一週間。
飛行機でのどを痛めて声が出なくなり、
到着後、ほとんどまともに話せていません。

仕方がないので、病院へ行くことに…
診察の結果、声帯が潰れているらしく、
3日間話をするなと言われました…
声を出さないで生活をする難しさを肌で感じています。

ということで、先が思いやられますが、
毎日どうにか歩き回れているので、
次回から観光の報告をしていきたいと思います。

10/23/2008

明日から

3ヶ月程旅行に行く事になりました。
まずはトルコに飛び、
徐々に南下していく予定です。

ということで、これを機に
日記をブログにしてみます。

無精ゆえ更新できるかわかりませんが…