12/13/2011

詩的表現

先頃の話。
運良くチケットが取れた夢の競演
ゲーリー・スナイダーと谷川俊太郎のポエトリーリーディング。


































生きた言葉の力は強烈だった。
誘ってくれたじゅんぺーさんありがとうございやす。



今回、そんな感性を刺激する作品群の中に1つ
理性に問いかけるような作品があったので取り上げてみたい。
                              

詩の擁護又は何故小説はつまらないか 谷川俊太郎

初雪の浅のようなメモ帳の白い画面を
MS明朝の足跡で蹴散らしていくのは私じゃない
そんなのは小説のやること
詩しか書けなくてほんとによかった

小説は真剣に悩んでいるらしい
女に買ったばかりの無印のバッグをもたせようか
それとも母の遺品のグッチのバッグをもたせようか
そこから際限のない物語が始まるんだ
こんぐらかった抑圧と愛と憎しみの
やれやれ

詩はときに我を忘れてふんわり空に浮かぶ
小説はそんな詩を薄情者め世間知らずめと罵る
のも分からないではないけれど

小説は人間を何百頁もの言葉の檻に閉じこめた上で
抜け穴を掘らせようとする
だが首尾よく掘り抜いたその先がどこかと言えば、
子どものころ住んでいた路地の奥さ

そこにのほほんと詩が立ってるってわけ
柿の木なんぞといっしょに
ごめんね

人間の業を描くのが小説の仕事
人間に野放図な喜びをもたらすのが詩の仕事

小説の歩く道は曲がりくねって世間に通じ
詩がスキップする道は真っ直ぐ地平を越えて行く
どっちも飢えた子どもを腹いっぱいにしてやれないが
少なくとも詩は世界を怨んじゃいない
そよ風の幸せが腑に落ちているから
言葉を失ってもこわくない

小説が魂の出口を探して業を煮やしてる間に
宇宙も古靴も区別しない呆けた声で歌いながら
祖霊に口伝えされた調べに乗って詩は晴れ晴れとワープする
人類が亡びないですむアサッテの方角へ
                              


これを聴き 嗚呼なるほどと 一人うなずく


氏はこの詩に対して
「小説が書けない事に対する言い訳」
なんて言っていたけれど
いやいやそんな事はではない
これは氏の詩人としての誇りなのだろうと。
そして氏からそんな詩を聴けた事が嬉しかった。

その心はというと、詩の内容からは少し話がそれるけれど
思うに自分は昔から、侘び寂びというか簡潔で質素なものが好きで、
長たらしいものや、くどいものを嫌う傾向にあった。

単に集中力が無いと言われればそれまでなのだが、
映画を観れば、
「このカットは端折ってもいいじゃないかー、2時間なんてなげーよ」とか
小説を読めば、
「今日の晩飯は昨日作ったカレーを使って……、ところでこのジョンって誰だっけ?」
とか
途中で余計な事を考え始める事が多く、とにかく中々入っていけないのである。

だから、詩のような濃縮された表現に心引かれてしまう。

結局何が言いたいんだよって感じだけれど
要するに「詩人、谷川俊太郎」が、
一途に詩のみを書き続ける理由に共感できて嬉しかったと。

自分も最近物を書くのを頼まれる事が多少なりともあるのだけれど
そういった点、教訓にしていきたいなと。
文才も無いのにグダグダ野暮な事言っていられないなと。

まあもう十分グダグダだけど。











9/14/2011

Muhammad君



























「日本人が泊まっているって聞いて、是非話をしてみたいと思ったんだ。」

そう言いながら突然宿の部屋を訪ねてきたMuhammad君。

そこは、旅行者も殆どおらず、英語が通じる人も少ないシリアのとある都市。
突然の訪問に驚いたけれど、既にシリアの人々の親切さを理解していたのと
言葉の通じる現地人がいた事がうれしかったのもあり、話を聞いてみる事にした。

一緒に水タバコを吸いに行き、
彼の通う大学を案内してもらい、
小旅行にも同行してくれた。

とてもいい奴だった。

彼とは沢山話をしたけれど、一番印象に残ったのは
日本の自衛隊と、兵役義務が無い事に対して問いかけられた一言。

「どうして日本人は己の国を守る為に戦わないんだ……?」





戦争なんてまっぴらだ
国境なんて要らない
自由と平等
LOVE&PEACE

理想の極み。

しかし、全ての人が純粋に
それを追い求めない限り
それは理想でしかない。

もはやほとんどの世代が
戦後の極端な教育を受けている今、
到底想像出来ない事なのかもしれないけれど
この国にも確実に危険が迫っている。

私益の為に無差別に傷つけ合う事は全否定するが、
自らを守る為に戦う事は必要なのではないか。

彼はそんな普段皆が避けがちな問題に向き合わせてくれた。


話は飛ぶが、シリアの反政府デモ発生から約半年。
彼の国での言論統制の厳しさ故、内政に関するような
デリケートな話題は自重していた事もあり
彼をはじめ、シリアの人々が現アサド政権に対して
どのような思想を持っていたのかはわからない。
ただ、現時点でデモの弾圧による犠牲者が
2600人に達したという事実を聞くと不安は拭えない。


彼は無事なのだろうか。
世話になったシリアの人たちはみなどうしているのだろうか。

皆に平安がありますように。

9/01/2011

諸行無常

この一年、心身公私共々に色々ありすぎて、
恐らく自分の寿命は大幅に削られただろう。

まあ生に対する頓着はもともとあまりないのだけれど、
そんな絶望的状況を経験した結果、
このままのたれ死んでいく前に
自分がこの世界に存在した印みたいなものを残す事も
悪くはないのかなと思うようになった。

このブログをはじめ、web上に己を晒していくことは
マスターベーションの境地だと思うけれど、
手前味噌ながら自分が晒しているコンテンツ毎で
意外と更新のリクエストが多かったのも事実で
それならば全部まとめちゃおうかなってな具合に
以下にそれらを集約させてみた。

http://flavors.me/yoshitakahoshi

あくまでバラバラだったものを集約させただけなので
内容的には今までと変わらずですが、
密度を上げた分、精進していかなければなと思う次第であります。
そしてもう一つ、これからは本名を名乗っていきます。
ハイリスクを背負ってハイリターンを得られればと期待します。
げん担ぎの意味合いも込めて。

諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅為楽

平成23年9月1日
およそ1年間の茶番劇は終わりました。

新たなスタート。

これからもよろしくお願いします。

5/01/2011

あの頭の中の御花畑






























半年という名の
10年の時間軸が過ぎる間に
無常の娑婆では
山茶花 椿 梅 桜
咲き乱れては散っていったが
あの頭の中に咲き続ける
やたらと色鮮やかな御花畑
それをついつい覗きたくなり
彼奴はまたのこのこと引き返す

暫くぶりの御花畑は
相も変わらず満開だが
そこに一輪だけ根付いた
妖艶な彼岸花と
決して枯れる事の無い故の
散り際の美と哀愁の欠如に対し
一抹の不安を覚えながら
彼奴はまたズブズブと引き込まれる

嗚呼、やはり鮮やかだな……

彼奴はそう思いながらも
そんな表裏一体の空間に
身を置いた己の是非に対し
答えなき自問を続けるのであった


4/24/2011

Help Me




お天気雨な感じは否めないけれど

すっかり春の装いだから

散歩にでも出掛けてみるか。

Joni Mitchellでも聞きながら。

そんな気分。

4/18/2011

集団狂気



行き詰まっていると思っていたのは

行き詰まっている噂の仕業

差し迫っていると思っていたのは

差し迫っている噂の仕業

3/08/2011

経て

本日3月8日
闘病生活1ヶ月の節目で
退院が決まりました。
転移の可能性も0ではありませんが
完治の見込みは高いそうなので
これからは自宅療養に切り替わります。

2月8日、己の体に変調を感じ、近所の病院に通院。
診察の結果、その日のうちに入院する事になりました。

検査の繰り返しの毎日でしたが
結局原因が突き止められず、
ガンの可能性をほのめかしながらも
全く親身になってくれない非情な主治医に悩まされ、
そんな状況を誰にも説明していなかったのもあって
非常に孤独な闘病生活でした。

その間運も底をついたのか、数々の災難が舞い込みました。
正に生き地獄、心身伴に憔悴しきっていました。

そこから少しずつ事態は好転しました。
その後の転院先である三井記念病院では、
素晴らしい先生方の計らいで
初診日のうちに原因をほぼ究明。
救急扱いで入院と手術の手配をしてもらい
無事完治への希望が色濃いものとなりました。

そして、術後ようやく余裕が出てきたところで
近しい人たちに近況を報告したら
凄い勢いでのレスポンス。
内、都内にいる人は全て、中には遠方の人まで
遥々お見舞いに来てくれました。

突き落とすも人間
手を差し伸べるも人間

吉凶様々な巡り合わせがありましたが
それでも僕の周りには、突き落とそうとする人より
手を差し伸べてくれる人のほうが
遥かに多いという事が解り、荒んだ心も洗われました。

死生観もだいぶ変わりました。
10万人に1人という驚愕の確率で
しかも悪性腫瘍という結果。

幸い早期発見だったものの
少しでも手違いがあったら
死んでいたでしょう。

死というものが突如自身の事として
眼前に飛び込み、それを克服するという
20代では考え難いこの経験は
自分に一層の感受性を与えてくれたと思います。

改めまして、応援してくださった全ての皆さんと
お世話になった三井記念病院の皆さんに
この場を借りてお礼申し上げます。

ありがとうございました。

3/06/2011

Shipbuilding



入院中 Robert Wyattの曲がヘビーローテーション



決して豊かではない
造船が主要な産業である町で
開戦の噂が広まった

戦争が始まれば
結果軍需が高まり
人々の生活は潤う

だが軍艦を造るという事は
人が殺し合うという事

あくまでも噂の域は超えていないが
そんな葛藤を抱えながら
只々身を潜める



下手な翻訳は作詞者(Elvis Costello氏)の
意に反すると思うので割愛しますが
要約するとそういう歌。

美しい歌声と
美しい旋律と
美しい歌詞の
静かな反戦歌。

美しいものに触れると心が洗われるな。

3/04/2011

閃光

長かった夏の終わりとともに
最果ての地より
疑うはずもなく持ち帰った吉夢は
凶相を含んでいた

南の島での穏やかな情景
エメラルドグリーンとアイボリーの
淡いコントラスト
そこは無人に等しく
側に在るのは
木陰の下で涼む猫
美酒と伴侶
この世の幸いを全て含んだような…
…いや、確かに含んでいた
それほど麗しい空間だった

吉夢はある日突然
霙吹雪とともに
悪夢へと変化した

気が付くと
そこは暗く冷たい手術台の上
医療機器から発せられる
無機質な電子音
鼻に付く薬品のにおい
凍える体に針を打たれ
無へのいざない

再起と引き替えに
軀の一部が贄となった

吉夢は閃光の如く通り過ぎ
大きな爪跡を残した
だが、結局冷めるはずだったもの
非情な去り際ではあったが
悪夢へと切り替わる目前までの記憶が
とても美しいものだった事だけは
せめてもの救いか

正気を取り戻すと
窓から柔らかな光
どうやら悪夢も去ったようだ

鬱蒼とした闇は
暫し消える気配はないが
それも定めと受け入れずして
安息の地へは辿り着けないであろう
選択の余地はない
ただ受け入れるのみ

---------------------------------------------------------


初めて詩を書いてみました。


先日の日記で伏線を立てていたわりに、
あまり誰にも伝えていませんでしたが、

辛い出来事の最中、
自分の体にガンが発見され
緊急手術をしました。

幸い早期発見で、術後の経過は良好ですが、
28年間苦楽を共にした身体の一部を失いました。
(日常生活に支障はないです。)

この1ヶ月で人生観が大分変わりました。

これからは、更にナルシシズム全開で生きていこう。
照れずにもっと表現していこう。

思えば羞恥心からか
全く何もしていなかったな。

でもこれだけの事が
あったのだから
もっと赤裸々に
自分の印を
残していくべきだと思った。

印をどう残すか。
絵が描きたい訳でもない。
写真もたしなむ程度。
音は創ってみたいが…
まず何より文章だろうと。

口下手で頭の回転が遅い自分は
熟考して文面に起こす事が
一番性に合っているだろうと。

思い付いた時に
思いのままを
思い付きの形で。

ご心配いただいた皆さん。
どうもありがとうございました。

これを機に生まれ変われたと思います。

2/28/2011

無題

大体10年周期で、その後の自分の人生に影響する程の惨事が起こる。
この1ヶ月に起こった2つの事は、その中でも1番と2番と言えるだろう。

はっきりいって凶報なんだけれど、
それによる逃避反応なのか、そういった時は必ず感覚が研ぎすまされて
思考が活性化する。負から生まれる正の作用。

こういう時にいつも何か形に残せたらなと思うんだけれど、
その状況に身を置いているとなかなか難しい。

これだけ書き留められただけでも進歩かな。

2/10/2011

あれからもう5年

ちょうど5年前の今日。






































発売して間もないアルバムのリリースパーティー。場所はニューヨーク。
これ以上ない環境でJay Deeを見られるとの思い込みから気分は高揚。

ニューヨークにいた一年間、
今日はPete Rock、3日後にはLord Finesse、
来週はDa Beatminerz、再来週はDJ Premier…
といった具合に夢のような日々が続いていた。
Cut Chemistのイベントに行ったら、遊びに来ていたMadlibが前に並んでいたり、
Africa BambaataaやSlick Rickが未だ現役で活動していたり…
他にもPrince Paul、Q-Tip、Diamond D、Large Professor………

しかも、それらのイベントが基本5ドル、高くても10ドル
下手すれば無料なんてことも珍しくなく、お金もかからない。
そのくせ純粋に音を楽しむために来る客が多いから、雰囲気も良好。

日本の保守性と下卑た貪欲さじゃ考えられないけれど、
文化の土台ができている彼の地の懐の深さとその恩恵を受け続ける毎日だった。

そんな生活が続いていたから、そこに彼は当然来るものだと思っていたし、
そのせいで、その日のクラブの前には、
いつにないほどの人だかりがあるのかと解釈していた。
でも、彼は一向に現れなかった。結局、夜中の2時を回った頃
勝手にドタキャンされたと思い込んで、ふて腐れながら帰りの地下鉄へ向かった。

次の日一緒に行った友人から連絡があった。
Jay Deeはその日の明け方、要するに箱を後にした数時間後
この世から居なくなったとの事。
病気の事なんて全く知らなかったし、昨日の今日だったからショックは大きかった。

その数日後DJ Spinnaが開いた追悼イベントに行った。
エントランスを抜けての地下の階段を下っていくと、
中学生の頃、初めて触れた彼の曲が丁度流されるところだった。





Hookの部分でそこに居た数十人が一斉に
"Stakes is high. You know them stakes is high."の声。

その後Spinnaが一言「Dillaは俺のヒーローだった。」

悲しいけれど、最高に盛り上がった。

結局彼を生で見ることは叶わなかったけれど、
とても貴重な時間を過ごせた。

享年32歳。その時初めて彼の年齢を知って驚いた。
Stakes is Highのリリース時わずか22歳。
とんでもない才能を失ったんだなと思った。


彼の死後、高額な医療費を母親が肩代わりする事になり、募金活動が行われていた。
最近話題になっていたKool Hercの件もそうだけれど、
これだけの活動をしてきた人物たちが、工面に困るほどの医療費。
行き過ぎた資本主義の恐ろしさを感じる。

それだけ極端な社会だからこそ、爆発的なものが生まれやすいのだろうけれど、
どうにかバランスを取っていかないといけないんだろうな。


兎に角あれからもう5年。月日は無常なものです。
Dillaよ、安らかに。