9/12/2010

デジタル時代の…

4年前、米国からの帰国の矢先に米タワーレコードの倒産。
そして先月8/22、渋谷HMVの閉店。
そんな大手の先例通りに米国の老舗レコード店が密かに閉店した。

小規模ながら良質な、影で土壌を支えた名店Fat Beats。
ニューヨークにあるマンションの一室程の大きさのその店舗では、
定期的に、日本であったら大枚を叩かないと観られないような表現者たちが、
無償で作品を披露する。その土壌と空間にあるからこそ実現出来る、
正にNYCの良心といえるような店舗が閉店するに至った。

iPodが市場を独占した頃から始まったと言えるであろう、
音楽ソースのデジタルデータ化。確かに数千数万の曲を、
手のひらサイズのデバイスで持ち歩く事ができるというのは
非常に画期的で、皆その恩恵を受けているという事は否めない。
ただ、それによって生じた歪みによって、結局何かしら跳ね返ってくるという事を
今回の事例が示していると思える。

坂本龍一氏に訊く、これからの音楽のかたちと価値とは
↑これは、正に伝えるべき人が伝えてくれている言葉と言える。
そしてこの記事では語るに至っていないけれど、
それ以上に脅威となっている事例が
P2P等のファイル共有ソフトでの、第三者による作品の配信。

聞き手が作者の「作品」に感動し、「購入する」という、
当たり前の事が希薄になってしまう程、
容易に無料でそれらが手に入ってしまうというこの現状。

これは非常に危険な事だ。

作品に対して、それを享受する為の対価を支払うのは当然の事であって、
それが文化を活性化させていく。

そういう当然の事を無視してしまうような危機的な状況が、
このデジタル化された社会でまかり通ってしまっている。

便利になる事に対する弊害が、
もっと叫ばれるべき状況になってきているんじゃないかな。
失われる事のほうが大きくなってきていると思えて仕方ない。


話戻って


↓Fat Beats NYCの最終週のライブスケジュール。夏フェス状態だったじゃないか 。



















動画もアップされてるし、本当悔やまれるな。
Premoが冒頭で客に向かって、「今でもレコード買ってるやつはどれだけいるんだ?」
なんて問いかけてるのが感慨深いな…