3/31/2009

音楽の無い生活

2日前、友人宅にiPodを忘れた。

テレビが無い生活に続いて、
音楽が無い生活っていうのも
どういうものかと試してみたけれど、

結局2日しか持たず、
今日の仕事帰りに取りに行った。

旅行中の時なんかは
「聴覚」が失われるのを嫌って
あえてiPod無しで行動していたけれど、

やっぱり日常生活で音楽が無いのは
耐えられなかった。

良い音楽には、中毒性がありますね。
そしてテレビなんかとは違って己の判断で
聴けるからなあ。。

3/29/2009

テレビの無い生活

新居に移った2月以来、インターネットも
テレビも無い生活を続けている。

ネットに関しては、プロバイダとの契約に手違いが生じて
不本意にも未だ契約できていない状態なのだけれど、
それに加えてテレビも無いので、この2ヶ月余り、
今までの人生で最も情報を摂取していない状態と言える。

日本での生活で、2ヵ月余りもネット環境が整っていないのは
流石にかなりの支障をきたしているけれど、
テレビについては、無いなら無いで
むしろ健全な生活をおくれているのではないかと思った。
というのも、先週実家に帰った時、久々にテレビをつけて、
その下世話さに改めて圧倒されたからだ。
そこでは芸能人の離婚の話題を延々と報道し、分析していた。
しかもその時間帯のほとんどの局の番組で………

結局10分程で電源を切ってしまった。

今に始まった事ではないのだけれど、
最も庶民に馴染みのある媒体で、
独断の情報を流し続けている。

脅威を感じます。


これは民放の話……で終わるなら良いのですが…

トルコにいたときの話…

イスタンブール滞在時、シリアビザ取得のための
書類を発行してもらうために、日本領事館を訪れた。

そこには、テレビが置かれていて、
その時NHKのニュースが流れていた。
トップニュース。米国大統領選挙の前日ということもあり、
各政党の候補者についての情報が流された。

そして次のニュース。
日本の音楽プロデューサーが、詐欺で逮捕された話。

これについては、さすがにトップニュースではなかったけれど、
実質それ以上に時間を割いて放送されていた感じがする。

そのニュースを見ながら、現地で知り合い
一緒に書類を申請に行った同士が一言。
「もっと報道されるべき情報はいくらでもあるのに……。」





これはあくまでも一例に過ぎず、
往々にして一部の人の独断と偏見で番組が作られ、
情報が流され続けていると感じることが多い。

その需要がある状況も絶望的なのですが…



相反して、良質な番組も少なからずあって、
それらも見られないのが勿体無い気もするけれど、
そういう番組はネット上で上げられている場合も多いので、
やはり、テレビという媒体から離れるのも
健全なのかと思う今日この頃です。